人生への考え方はそれぞれです・納骨堂の生前購入も前向きな事ですよ

お墓の前で手を合わせる2人

変わったスタイルの施設

祭壇

非常に凝った内装デザインの納骨堂や、機械式の埋葬スペースなど、現代ではちょっと驚くような納骨堂スタイルがあります。価値観が多様化している現代は、新しい弔い方が注目される時代なのです。

お坊さんの人間性を観察

参列者

特に納骨堂で永代供養を頼む場合、お経をあげてくれる僧侶の人柄などはよく観察してから決めましょう。お金や利便性も大事ですが、埋葬で最も重要なのは「心」の部分です。

自分の墓をプランニング

香典

便利な立地の納骨堂を東京で利用したいならこちらを候補に入れましょう。耐震設計もきちんとしているので安心安全です。

東京は納骨堂利用者が多く、外墓よりも殆どの一般家庭が納骨堂を使った家族葬などを行っている状況があります。
中でも最近では、まだ元気なうちに自分の墓を決めておきたいという理由で、中高年の自分用納骨堂利用が徐々に増えているのが興味深い点なのです。
こういったお墓の生前購入というのも、東京の納骨堂では柔軟にサポートをしてくれます。
納骨堂に限った話ではありませんが、どうしても日本の埋葬システムというのはお金と手間がかかってしまう場合が多いです。
人ひとりが亡くなったので手間をかけて当然と考えるのも分かりますが、現実的に東京などで暮らす一般家庭の場合、高額な費用捻出や埋葬プランを考えるという行為は、忙しい暮らしの中で気軽に行えるような事ではありません。
自分の子供や孫たちにそういった負担をかけるのは心苦しいというのも、納骨堂を生前購入する中高年の大きな動機の一つなのです。
もちろん単純に自分のお墓を決めると言うのは、気分的にもスッキリできて良いという側面もあります。
大昔は生きてるうちに自分のお墓を作る行為を「寿陵」と名付けており、福を招く縁起の良い事としてポジティブな事と捉えられてたくらいです。
東京を始めとする納骨堂利用をする人は故人の家族が大半ですが、中には寿陵として生前購入するというケースもこれから増えていくでしょう。
生き方も埋葬方法も選択できるのが人間です。
東京の使いやすい納骨堂を選び、前向きな人生の墓所計画を実行するのも素晴らしい生き方だと思います。

現代の様々な弔い方を紹介

お悔やみ

外墓や納骨堂に霊園など、一般的な日本の埋葬方法以外にも注目してみて下さい。「散骨」や「樹木葬」など、時代の変化と共に弔い方の選択肢は増えてきていますので、色々と調べてみるのをオススメします。